過ごし方

ひととまるから行けるおすすめスポットの紹介です。

夏は海水浴で観光地っぽくなりますが、春秋の生活感が個人的には好きです。
まちも観光用ではないため、お店は少ないです。
でもこの力の抜けた、いい塩梅(加減)なのが私は好きです。

2つの特製マップを用意してあります。
宿にしか置いていないので、マップ片手に竹野の風を感じてみてください。
どこか懐かしさを覚えつつ、非日常な日常を味わえてもらえたらうれしいです。

のほほんマップ

ゆっくり過ごすためのゆるーいマップ

まち歩きマップ

石丸家がなにかないかなと懸命に探した
まち歩きのためのコアマップ

竹野のお店紹介

温泉

  • 北前館 ひととまるから徒歩3分
    600円(ひととまるにて券販売)
    営業時間:20時or21時まで
    定休日:木曜定休
  • 休暇村の温泉 ひととまるから車で7分
    平日800円、休日1000円
    営業時間:20時最終受付、21時まで

ランチ

海産系
  • おっとっと(徒歩2分) 日替わり660円、刺身定食1650円
    定休日:水曜&不定休
  • 八塩(徒歩10分) 要予約の要確認。
    夜のコース料理もおすすめ(予算4000円〜)
    定休日:不定休
  • ますだ商店(徒歩8分) 活イカ定食、お刺身定食など。
    竹野で唯一海産物系のお土産を販売してます。
    定休日:火曜
定食
  • あすなろ(竹野駅近く) 日替わり定食のボリューム。
    海産物系以外なら一番おすすめ。
    ローカル感とマスターの眉毛
    定休日:第2、4火曜定
ふれあい

地元の方たちが楽しく営業しているお店たち。
入るのに勇気がいるけど、入ってしまえばこっちのもん。みなさんあたたかく迎えてくれます。
地域の人と話したい方はぜひ!喫茶店としても利用できます。

  • なごみてぇ(ひととまる横) カレーにサザエ。ぜんざいなど。
    食よりトーク
    営業時間:9時〜16時
    定休日:基本休みなし
  • パンプキン(竹野駅前) なごみてぇよりも濃いマダムがいます。
    トーク&トーク
    営業時間:9時半〜16時
    定休日:月曜
喫茶店
  • コロンビア(徒歩2分) 優しいお母さんの優しいお店。
    塩焼きそばやカレー
    営業時間:14時まで
    定休日:水土曜

モーニング

  • あすなろ 400円:コーヒー、トースト、たまご
    650円:サラダなどがついたセット
    定休日:第2、4火曜
  • コロンビア 470円:コーヒー、トースト、たまご
    定休日:水土曜

地元のお店

  • ぶりぜん(徒歩4分) Theローカル食料品店。
    古めかしいですが、それも味。
    地元の魚買えます。
  • 高砂屋(徒歩5分) 和菓子屋さん。
    お散歩のお供にぜひ。
    きんつば、春の柏餅。
  • 河原商店(徒歩5分) ちょっとした駄菓子があります。

チェーンの安心感

  • ミニフレッシュ 生活に必要なものはここ。
    日用品や食料はだいたい揃います。
    (地元の魚はありません)
  • ローソン なんかあったら最後はコンビニ。

竹野のスポット

全部は紹介しきれないので、代表的なものを一部紹介。
他はひととまる特製のマップをご覧ください。

  • 竹野浜(徒歩41秒) 堤防方面に行くもよし、砂浜の上で寝そべるもよし、遊歩道をお散歩するもよし。
    海は無限大。
  • 漁協の競り(ひととまるの裏) 16時20分から。
    16時にサイレンが鳴れば、競りがある証拠。
    見学は自由ですので、ぜひ見てみてください。
  • ジャジャ山からの景色(徒歩10分) 竹野浜の集落が見渡せるため、まちの規模感がわかります。
    初めての方にはおすすめ。スニーカーなら誰でも行けます(多分)。
    頂上まで10分ほど。
  • 猫崎半島 半島の先端は兵庫県最北端。先端まで片道40分。
    アップダウンあり結構ハードなので、途中の見晴らしがいいところまででもいいかもしれません。裏の岩場はジオパーク感あり。

竹野のまち歩き(※要事前問合せ)

宿泊者限定で、店主石丸with子どもと行くまち歩き。
時期や状況に応じて、気ままにお散歩できればなぁと思っています。
私の好きな竹野を少しでも好きになってもらえたらうれしいなぁ、そんな気持ちで始めることにしました。

・料金:無料
・時間:10時から1時間ほど

車でお越しの方へ

海岸沿いはだいたいアップダウンとうねうねの道です。
内陸でもうねうね道はありますが、比較的走りやすいです。(山道は要注意)
ナビで事前に大うねうねがないか確認することをおすすめします。
おすすめのお店はページ最初のGoogleマップをご覧ください。

30分以内

  • 城崎温泉(15分) 竹野からは鋳物師戻トンネル経由が早いです。
    ただ、マリンワールドに行く場合や絶景を楽しみたい場合は海沿いの道を行ってください。
    駐車場は城崎木屋町温泉駐車場が安いです。
    温泉ははじめての方は御所の湯、一の湯がおすすめです。(熱々は柳湯)
  • 豊岡市街地(30分) 人口に対してスナックなどが日本一多いらしいです。
    大正復興建築が随所に残されており、レトロ好きの方にはたまらんです。
    駅から続く大開通りと生田通り、そのままちょっと先のカバンストリートをプラプラと歩いてみるのもいいです。
  • 玄武洞公園(25分) たかが岩!と侮ることなかれ。雰囲気があります。
    車なら気軽に行けます。
  • 床瀬そば(25分) 竹野の南にあるそばの集落。
    そば屋さんが7軒あり、それぞれにカラーがあります。
    そのまま10分ほどで神鍋高原に抜けられます。(うねうね道ですが)
  • 香住(30分) 竹野とは違った海の感じがいいです。
    大きい底引船が停泊している漁港や岡見公園からの景色からが好きです。

30分〜1時間

  • 久美浜(40分) 京都府なので、なんとなく上品な気がします。
    似ているようでちょっと違う雰囲気。
    ミルク工房SORA、Reception Garden(Holiday Home)、湯元館がおすすめ。
  • 夕日ヶ浦(50分) 名前の通り夕日がいいです。
    近くに温泉もあります。
西
  • 餘部(40分) なんといっても余部鉄橋。
    高さ40mからの絶景with電車は鉄道好きの方にたまりません。
    下にある道の駅の寂れ加減は絶妙です。
  • 湯村温泉(1時間) 足湯と荒湯。荒湯でなにか茹でるのが定番です。
    蕎麦ろあんは名店らしいです。(まだ行けてない)
  • 出石(40分) そばのお店はたくさんありすぎて、おすすめはわかりません。
    でも竹野の誕生の塩を使っているところはきっといいお店です。
  • 神鍋高原(40分) 神鍋山、八反の滝、道の駅などが定番です。
    冬はスキー、夏は涼しさを味わいにどうぞ。
  • 日本海(ロシアへ)

1時間〜2時間

  • 鳥取市(1時間ちょっと) 鳥取砂丘は一度ぜひ。
    意外と侮れないのが砂の美術館
    あと鳥取民藝美術館を見学、たくみ工芸で買い物、たくみ割烹でランチの民藝三本セットはおすすめです。
  • 東郷池(松崎)(2時間) 個性的なお店が点在しているエリア。
    東郷池のゆるい感じと各店の個性がたまりません。
    汽水空港(本屋)、HAKUSEN(カフェ)、Librarie by HAKUSEN(カフェ)
    泊まるなら、たみがおすすめです。
  • 倉吉(2時間ちょっと) 白壁のまちなみもきれいですし、The観光用の店!もあれば個人店や地元感満載のお店もあったりして、散策で楽しめます。
    カレーは夜長茶廊。
西
  • 天橋立(1時間半) 言わずと知れた日本三景の一つ。
    北側と南側があり、南側が一般的。
    駐車場は各所にありますが、リフト駅の近くが便利です。
  • 伊根(2時間) 独特な舟屋の景観が特徴。整備されていて観光しやすいです。
    船にも乗れるので、海側からの景色もぜひ。
  • 舞鶴(2時間ちょっと) 舞鶴赤レンガパークと遊覧船。
    タイミングがよければ大きな軍艦が見れます。
    遊覧船で見れる舞鶴港の軍港感は、アーミー好きじゃなくても楽しめます。
    日帰りにはちょっと遠いです。
  • 竹田城(1時間半) 雲海の時期は9月下旬から12月上旬。
    1月〜2月は閉山。
  • 丹波篠山(2時間) 黒豆と焼き物が有名です。
    クラフト好きにはいいお店がたくさんあります。
    城下町を歩きながら楽しむもよし、車で気になるお店をピンポイントに訪れるもよしです。
  • 日本海(ロシアへ)

電車でお越しの方へ

電車の本数は1時間に1本と少ないです。
乗り換え時間も、時間によってまちまちですので、所要時間はおおよそです。
※ひととまるから竹野駅まで徒歩20分なので、その時間も足しています。宿泊時にルート相談もできますので、ぜひお声がけください。

1時間以内

  • 城崎温泉(35分) 駅前にコインロッカーがあるので、京阪神からお越しの方は一駅前の城崎温泉で楽しんでから、ひととまるに来るのもいいかもしれません。
    城崎マリンワールドまでバスで10分
  • 豊岡市街地(45分) 歩いて回れるサイズ感です。
  • 餘部(1時間) 電車から降りて1時間ほど写真を撮ったり下に降りたりして、次の電車に乗るのがいいかなと思います。
    そのまま鳥取方面に行くもよし、戻って香住や城崎温泉に行くのもよし。
豊岡駅からバスで行く

豊岡駅から竹野行きのバスもありますが、所要時間は変わりません。
ただ、ひととまるの近くに止まります。
豊岡駅から電車では行けないところへのバスが多数あります。
だいたい1時間に1本です。

1時間〜2時間

  • 鳥取駅(2時間) 乗り換えによって大きく変わります。2時間がだいたいの目安です。
    鳥取駅から鳥取砂丘行きや浦富海岸行きのバスがあります。
  • 江原河畔劇場/江原駅(1時間10分) 電車によって所要時間が大きく変わります。
    極端な場合2時間かかることもあるので、事前に時間を調べていくことをおすすめします。
  • 竹田駅(2時間) 竹田城跡の頂上までは徒歩で40分。
    バスもあります。
  • 京丹後方面(1時間半〜2時間) 久美浜駅:Heron、豪商稲葉本家、バスもあります。
    かぶと山:Holiday Home、ミルク工房ソラ
    小天橋駅:寂れナイスな湯元館、小天橋

3時間

日帰りで行くのは大変だと思うので、次のルートへの参考にしてください。

・松崎駅:たみや汽水空港など、おもしろい個人店があります。
・倉吉駅:隣駅なので、松崎駅(東郷池)と合わせて行くのがおすすめ。
・篠山口駅:丹波篠山へはこちらから。特急こうのとりが通ります。
・天橋立駅:日本三景。伊根の舟屋までバスで60分。

ご予約はこちら

© 本と寝床、ひととまる